脚のムダ毛はしっかり処理しよう。

あなたは、日頃のムダ毛ケアのひとつとして、ひざ下脱毛のことも考えているでしょうか?
わき毛の脱毛やビキニラインなどのムダ毛ケアだけで、『これで完璧!』なんて満足してしまっていませんか?

ひざ下脱毛は、ムダ毛ケアにおいてうっかり忘れてしまっている人も少なくありません。
実際、私自身ムダ毛ケアデビューを始めた頃はわき毛やビキニラインの脱毛を済ませるだけでひざ下脱毛のことなんて頭になく、全く手をつけていなかったんです。

でもある日、友人とムダ毛ケアの話になった時に『ひざ下脱毛も考えてこそ、しっかりムダ毛ケアできてるってことだよね』という話をされて、内心グサリときてしまいました。
でもそれ以来、ひざ下脱毛のこともしっかり考えながらムダ毛処理をするようになりましたね。

『足なんてズボンを履いていれば目につかないし…』
『どちらかというと目につきやすいのはわき毛だし、ひざ下なんて意識されないだろう…』

そう思い込んではいませんか?
ひざ下のムダ毛はわき毛と比べて人の目につきにくいイメージがありますし、そこまで濃くなければ別に…と考える方も少なくないですが、実際には足って一番キレイを演出するところです。

どんなに他の部分が完璧でも、ひざ下のムダ毛がしっかり処理されていなければ、全体のイメージを崩してしまうことになりかねません。

今は特に、ひざ下のムダ毛処理を徹底する方も増えてきています。
足のムダ毛も完璧に処理して、よりきれいな自分を手に入れてみてはいかがでしょうか?

確実なひざ下脱毛とは?

ひざ下脱毛はどのエステサロンや美容皮膚科などのクリニックでも大変人気となっています。
ひざ下を脱毛すると、ムダ毛が無くなり自己処理をしなくて良いというメリットの他に、毛穴が引き締まって脚が綺麗に見えるメリットもあります。

エステサロンやクリニックでお金をかけて脱毛すれば、すぐに綺麗になるわけではありません。
ひざ下脱毛の種類や回数、気をつけなければいけない事を紹介したいと思います。

≪ひざ下脱毛とは≫
ひざ下脱毛とは、ひざの少し下~足首までの範囲を脱毛します。一般的にはひざと足の指・甲は含まれていませんが、エステサロンやクリニックによっては、ひざと足の指・甲を含んでいる所もあります。

≪エステサロンとクリニックの違い≫
エステサロンとクリニックの脱毛は何が違うのでしょうか。

エステサロンでの脱毛は、フラッシュ脱毛やIPL脱毛などの光脱毛が主流です。
それに対してクリニックでの脱毛は、医療レーザー脱毛が主流です。
どちらの脱毛も、毛根部分にある毛を造り出す毛母細胞という組織を熱処理する方法ですが、医療レーザー脱毛の方が処理する力が強く、永久脱毛ができます。
光脱毛は永久脱毛ではありません。

また、エステサロンの脱毛料金は安いというのは今や常識ですが、どのくらい違うのかというと、クリニックの医療レーザー脱毛の約10分の1の料金で脱毛できてしまいます。

エステサロンで手軽に格安で脱毛か、それともクリニックで高い料金で確実に永久脱毛するかですね。

≪ひざ下脱毛の脱毛回数≫
ひざ下脱毛は、1回だけ脱毛の施術を受けても綺麗になりません。
すべての毛には毛周期という毛の再生サイクルがあり、成長期⇒休止期⇒退行期の3つのサイクルで成り立っています。
光脱毛と医療レーザー脱毛は、成長期の毛に作用し、休止期と退行期の毛には何も効果がありません。
2ヶ月に1回の脱毛で、4~6回通う事で、すべての毛の成長期に脱毛して全体が綺麗になるのです。

≪確実に脱毛する為に≫
気を付けなければいけないのは、

・脱毛期間の1年は保湿を心がける
脱毛する場所は乾燥しがちです。乾燥すると痛みに敏感になり、思うように脱毛ができなくなります。
毎日保湿をして健康な肌の状態で脱毛をしましょう。

・日焼けは厳禁
光脱毛も医療レーザー脱毛もメラニンに反応してしまいますので、日焼けをしてしまうとヤケドの恐れがあり施術を受けられません。
冬はタイツなどで隠れているので日焼けの心配はそれほどありませんが、夏が心配ですね。日焼け止めを必ず塗るようにしましょう。

・2ヶ月に1回定期的に通う
2ヶ月に1回、約1年通う事で、すべての毛の毛母細胞を処理します。忙しくて3ヶ月に1回や4カ月に1回の脱毛ですと毛周期に合わせて脱毛できていないので、どんどん通う期間が延びていってしまいます。
ほとんどのエステサロンやクリニックでは、1年保証や1年6回などと1年が目安です。1年を過ぎると保証がきかなくなったり、追加料金がかかってしまうので気を付けましょう。